大きすぎる目標は捨てる

SNSフォローボタン
#美食家Kをフォローする
人生で役立つ考え方

大きい目標を立てることは良いことですが、挑戦するのが億劫になるくらい大きすぎる目標は立てるだけ無駄ですね。

目標達成に大切なのは「挑戦のハードルを下げてギリギリ達成可能くらいの目標にする」こと。

そして、もっと「目標を小刻みに作る」こと。

ほとんどの人が達成不可能な目標を一つだけ掲げて生きていますよね。そして結局、その目標は達成されることはないのがほとんどです。

例えば、「一年後にインスタグラムのフォロワー数を1万人達成する」と決めたなら、まずは12カ月分の1カ月目の目標を立てる。

1カ月目→300フォロワー

2カ月目→1000フォロワー

など、こんな感じで小刻みに目標を立てていく。

そうすると目標までの道筋が間違えていればすぐ修正がかけれるし、モチベーションも続いていくものです。

「小さな目標」を毎月立てることを繰り返していくと、いつのまにか「大きな目標」を達成していることになりますね。

この目標達成術をマスターすれば、目標を達成できた時の快感=ドーパミンを脳が覚えるので、何度も繰り返したくなります。

こうなれば、こっちのもので、これから様々な目標を達成できる人になると思いますね。

なので、大切なのは、「まず一つ成功体験を作ること」。

どんな仕事も成功のスキームは似てるので、一度コツコツ努力して成功体験を持っている人は、再度成功する可能性が高いことになります。

後、大切だと思うのは「大きな目標」と「小さな目標」を紙に書いて常に見えるところに貼っておくことです。

常に目にすることで、嫌でも無意識に目標達成するための最短ルートを人は考えてしまうものです。

私も目標達成術をマスターして人生をエンジョイしていこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました